プログラム

スタッフ紹介

大石 純

作業療法士・精神保健福祉士・サービス管理責任者・相談支援専門員・AMPS認定評価者・食品衛生責任者・精神障害者雇用支援連絡協議会及び発達障害者雇用支援連絡協議会委員

  • 精神科病院に勤務し長期入院患者の社会復帰支援、地域で生活する精神障害者支援を行う傍ら、訪問リハビリテーション責任者としてスタッフを活かす職場環境づくりに尽力する。
  • 「精神障害を持つ方のサポートにはより広い知識が必要」と精神保健福祉士資格を取得し就労支援施設に入職。
  • 障害福祉業務として菓子製造業、清掃業を始め、幅広い職業を経験する中で、各職種で求められる能力、企業に求められる人材や就職希望者とのマッチングについて造景を深める。
  • 医療法人イプシロンに入職後、「医療機関とハローワークによる就労支援連携モデル事業」を担当し、希望者を多数就職に導く。
  • 現在も就職支援を行いながら就職された方の職場定着支援を行っている。

保科 美智子

精神保健福祉士・社会福祉士・相談支援専門員・介護支援専門員

  • 地域活動支援センター、精神科クリニックにおいて地域で生活する精神障害者の社会復帰支援に携わる。
  • 支援を行う中で入院中から退院後の生活を見据えた支援を行う事が必要と考え精神科病院に入職、医療ソーシャルワーカーとして児童思春期病棟の入退院援助を行う。
  • 障害を持つ方の入院から地域でのケアまでを一貫して経験してきた彼女は今日もその笑顔と誠実さで一人一人に向き合う。

谷津 彩乃

就労支援員

  • 水戸メンタルクリニックへ医療事務員として入職。
  • 様々な患者様と触れ合う中でより近い場所で目の前の方のサポートをしたいと希望しブルームに入職。
  • 開設初年度にもかかわらず茨城県平均の約5倍という就職・定着者の排出に尽力。
  • 将来はサービス管理責任者となり、ブルームのサービスのクオリティを高め続けたいと話す。

木村 眞紀子

生活支援員

  • 水戸メンタルクリニックへ医療事務員として入職。
  • 患者様への丁寧かつ人情味あふれる対応を評価されブルームへ入職。
  • 持ち前の一人ひとりを大切にするスタンスを発揮し利用者の心と体の安定を支援。
  • 就職したメンバーは今も彼女を訪ねてブルームを訪れる。

打越 一子

就労支援員・メンタルヘルスマネジメントR検定試験Ⅰ種合格・eMCR/EAPメンタルヘルスカウンセラー・EAPコンサルタント

  • 学校法人に勤務し、学生のキャリア支援、教学事務に従事する傍ら、学部設置などの業務にも従事。
  • 発達障害などを抱え、就職を目指す学生の支援を行う中で、さらに彼らに近いところで力になりたいと考えるようになり、ブルームへ入職。
  • 事務職にて30年以上のキャリアを背景にしつつ、EAPの視点を活用した職場支援を展開する。

赤平 隼人

職業指導員

  • 大学・大学院にて心理学を修める。
  • ブルームに入職し、「ブルームの利用者さんを支援するためには心理学のみでは不十分」と、日本の法律・制度の理解を進め、心理学をベースにしながら総合的な支援を行っている。

安藤 希未

サービス管理責任者・作業療法士・キャリアコンサルタント

  • 精神科病院に作業療法士として入職。入院病棟での作業療法を担当。
  • 精神障害をお持ちの方の職業支援を行うため、水戸メンタルクリニックへ入職、リワーク支援を担当、キャリアコンサルタントの資格を取得。
  • 障がいをお持ちの方の仕事を通じた人生をサポートする新たなステージとしてブルームに入職。サービス管理責任者としてブルームの就労支援のクオリティを担う。

澤畑 晴美

介護福祉士

  • 一般企業における業務を経験後、就労継続支援事業所にて研鑽を積む。
  • 利用者様お一人お一人に向き合い、良い就職をしてもらいたいとの想いからブルームへ入職。
  • 「トライアンドエラー、やってみないと分からない」 失敗を恐れる方のためにも自ら道を切り拓いていく彼女の姿は言葉以上の教示を持つ。

坂本 真理子

生活支援員

  • 20数年にわたり発達障害をお持ちの児童を支援する中で、発達障害をお持ちの方が就労する際にサポートが不足していることを実感しブルームに入職。
  • 2020年4月より、生活支援員として利用者様一人ひとりを温かに見つめ、先に踏み出す一歩を支えている。

ページの先頭へ